読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかばの風法律事務所 弁護士のBlog

東京都新宿区にある法律事務所

4人の弁護士が、身近で起きた事や感じた事を紹介します

集団的自衛権の行使を可能とする安保法案

 2015年9月19日午前2時過ぎ、集団的自衛権の行使を可能とする安保法案が可決成立しました。
 今回の安保法案については、学生を中心とした抗議活動が全国各地で繰り広げられ、ニュースでも取り上げられて話題になりましたが、皆さんはどのように思われましたか?

 政府は、今の国際情勢の下で平和を維持するためには必要な法律だ、憲法9条集団的自衛権を否定するものではないのだと説明していますが、圧倒的多数の憲法学者、元最高裁長官、元内閣法制局長官、全国すべての弁護士会から違憲だと指摘されています。
 従来の憲法解釈を無視し、専門家の意見を無視し、世論調査やデモから見えてくる市民の反対の声をも無視して、法律案を強行採決してしまうというのは前代未聞の事態です。
 戦前には治安維持法が制定され、言論弾圧がなされ、政府や軍の批判ができなくなり、軍の暴走を許し、戦争に突き進んだという歴史がありました。その歴史に対する反省から、「立憲主義」の憲法が制定され、国家権力の暴走を止められるようにしたはずなのですが、今回のように憲法解釈を恣意的に変更できるとなれば、憲法は歯止めにならなくなってしまいます。
 議会制民主主義なのだから、国会で決めた事に文句をいうのはおかしいと言う人もいますが、国会も国家権力であり、憲法に拘束されるのです。憲法違反の法律を制定することは許されません。どうしても憲法に抵触する法律を制定する必要があるというのであれば、まず、憲法を改正するべきで、そのための手続も憲法は定めています。
 ところが、今回の安保法制は、参考人として国会に招致された3人の憲法学者全員から憲法違反だと指摘され、更に、圧倒的多数の憲法学者、元最高裁長官、元内閣法制局長官、全国すべての弁護士会からも憲法違反だと指摘されるほどに、憲法違反が明白であったにもかかわらず、憲法改正の手続をとることも、法案を修正することもなく、強行採決されてしまいました。過去に例のない異常事態です。
 もちろん、法律が憲法違反かどうかを最終的に判断するのは裁判所ですが、日本には憲法裁判所がないため、通常の裁判の中で必要がない限り、憲法違反かどうかを裁判所が判断することはできません。裁判所の判断を待っていたら、いつになるかわかりません。その間、憲法に違反することが明らかな法律を放置すべきではなく、一日も早く国会自ら廃止してほしいものです。
 安倍内閣に逆らえない与党議員が多数を占める今の国会には期待できませんが、国会議員を選挙で選んでいるのは私たち有権者です。私たち一人一人が、それぞれのやり方で、国会議員に市民の声を伝えていくこと、日頃の国会議員の言動をよく見て投票することが、国会の暴走を防ぎ、憲法を守ることにつながるはずです。
 日々の生活では仕事や家庭のことで忙しく、政治には無関心になりがちですが、日本を戦前にしないために、政治の動きにしっかり目を光らせていかなければと思います。

                      平成27年9月 弁護士 酒井桃子

〒160-0008 東京都新宿区三栄町23-1 ライラック三栄ビル3階  電話03-3357-1751 FAX03-3357-1788